英語で論文を作成する際に注意すべきポイント

英語を利用して論文を書くのに大事なこと

論文はどんなときに書くもの

学校に通っていたり、仕事をしていると何か論文を書く事態に遭遇することが多々あります。
その中には、論文を日本語ではなく英語で書かないといけないという指令を受けたりもします。

それはどんな事態なのでしょうか。
例を挙げると、海外の大学に留学中の人や留学を目指す人、大学での学部が外国語関連の人がありえます。
仕事での事例に目を向けると、外国への取引先へ提出する場合や相手が外国人のときなどが考えられます。

そのときに変な言い回しや、わけのわからない文章を書いていては話になりません。
中には「私は英語が得意だから、論文なんて余裕に書けるわ!」とか「普段の英会話みたいに書けばいいのね」なんてどこから出たのか意味不明な自信をかざしている人もいるでしょう。

しかし、いざ作成して提出してみると「何が言いたいのか全然わからない」と一蹴されて落ち込む人も少なくありません。

そういった方は何がいけなかったのかというと、だいたいが日本語の要領で文章を書いているからです。
友達同士での会話ならそれで構いませんが、教授や上司などの目上の方に提出する論文でそれはよくないです。

そのときに困らないように、そして恥をかかないように、英語で論文を書く際の注意点をこのサイトではお話したいと思います。

また、英文を書くときに忘れてはならないことがあります。
それは日本語と英語、それぞれの差や違いです。
それを把握していると、英語で文章を作るのが簡単になるでしょう。

▲ TOPへ戻る